京都 河原町・烏丸でブランド・時計・貴金属・ジュエリーの買取や販売なら質屋カイウル。宅配買取、出張買取で全国の買取対応もお任せください。

  • 選ばれる理由があります お客様の声
  • Q&A よくあるご質問
  • 取材殺到! メディア掲載
  • 用語集
  • 金・プラチナの豆知識
  • 採用情報
  • Staff Blog スタッフブログ
  • 悪質サイトにご注意下さい!
  • KAIULで買う
  • BRAND SHOP
  • 楽天市場
  • YAHOO!ショッピング店
  • DeNA店
  • BRAND SHOP

    • バッグ・小物館
    • 時計・ジュエリー館
    • LOUIS VITTON館
  • カイウルに売る
  • ブランド買取専門サイト KAIUL カイウル
スタッフブログ
  • カイウルブランドショップ オフィシャルFacebook
金とプラチナの発掘量の違い
HOME > 金・プラチナに関わる豆知識 > 金とプラチナの発掘量の違い

金・プラチナに関わる豆知識をご紹介いたします。

金とプラチナの発掘量の違い

金(Au)とプラチナ(Pt)は、共に宝飾品や工業用金属として、高い需要があります。

そんな人気者の金とプラチナ。
現在の市場相場では、金よりもプラチナの方が、かなり値段は高いんです。

何故、プラチナは金よりもずっと高価なのか?
もちろん様々な理由があるんですが、その理由の一つに、発掘量の違いがあります。

実はプラチナは、、金よりもずっとずっと発掘量が少ないんです。

これまでの人類の歴史で、金とプラチナがどれだけ発掘されてきたか、ちょっと比べてみました。
はたして、どれだけ違うかといいますと…

  これまでの総発掘量 わかりやすい例え 年間発掘量
約15万t 長さ50メートルのオリンピックプール、3杯分 約2500t
プラチナ 約4500t 一辺が6メートルの立方体の大きさ相当 約150t

なんと、こんなに違うんです。プラチナって、とっても貴重な金属だったんです!
実にプラチナの総発掘量は、金の33分の1!年間発掘量は、17分の1!

いやー、金とプラチナの発掘量にこんな大きな差があったなんて、知ってましたか?
ビックリしますよね、、、

ん?でも待ってください。
今の金とプラチナの価格差は、おおざっぱに言ってプラチナが金の約2倍程度です(2008年8月近辺)。

総発掘量が33分の1なら、価格差は33倍になってもいいんじゃないか?という気もします、、、
或いは年間発掘量が17分の1なら、価格差は17倍でもいいんじゃないでしょうか、、、

まあ、そうはならないのが、市場の仕組みというものなんでしょうね、きっと。

前の豆知識へ 一覧へ戻る 次の豆知識へ